HOME>昭和の魅力を満喫しよう>昭和の魅力を満喫しよう

古き良き時代を訪ねる

葛飾区にある柴又駅から昭和の街並みを残す商店街を抜けて10分ほど歩いたところに「葛飾柴又寅さん記念館」があります。渥美清演じる映画の主人公、フーテンの寅さんを記念して建てられたのがこの記念館です。寅さんや映画「男はつらいよ」シリーズのファンはもちろんですが、寅さんを全く知らない若い世代にも昭和の雰囲気を体験できる貴重な場所として、とても楽しめる施設になっています。館内には寅さんが旅に出かける際に利用した鈍行列車の客車が再現されており、実際に撮影乗ることもできます。また当時使用したセットや昔の柴又を再現したジオラマからは古き良き時代が感じられ、見ているうちに思わず懐かしさがあふれだしてきます。歴代のマドンナ(寅さんの相手役女優)のポスターと寅さん愛用のトランクや衣装などの小道具、さらには撮影台本なども展示してあります。これらのどれもが日本映画の歴史を語る上での貴重な資料であるといえます。記念館全体が映画ファンにはたまらない、魅力ある空間になっているといえるでしょう。国民的映画として人気のあった「男はつらいよ」シリーズは柴又を愛する人情味あふれる人々が織りなすストーリーで、初回公開当時から多くの人々に愛されてきました。その映画の下町的な情緒は現在でも柴又商店街に根強く残されています。帰り道では昭和の雰囲気を味わいつつ、商店街をゆっくりと散策するのも楽しいでしょう。